i2i無料WEBパーツ
FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://halu834.blog17.fc2.com/tb.php/62-dd54235e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

[CentOS]LinuxサーバへFTPでファイルアップロードしようとするとエラーコード:553 が返ってくる。

[CentOS]LinuxサーバへFTPでファイルアップロードしようとするとエラーコード:553 が返ってくる。

LinuxサーバへFTPコマンドでファイルをアップロードしようとしたときに

  「553 Could not create file.

というエラーが返ってきて、ファイルをSENDできないことがある。

Upしようとしているファイルのディレクトリ権限が、FTPでアクセスするユーザーに与えられていないことが原因のようだ。
root権限だけだったりして、触れないのだ。

今回使用した方法は、ディレクトリの所有者をrootからFTPユーザに変更した。
---------
> su -
> password: ******

でroot になって、

> chown -R ftpユーザID dirname
  dirname : ディレクトリ名

で変更
---------

他にも、
・rootで パーミッションを 775とか777に変更する。
・rootでFTP接続してファイル転送を行う

等やり方は千差万別。
状況に応じて、一番良い方法を取ればいいと思われる。


ちなみにFTPのレスポンスコード一覧はこんな感じ↓
FTPのレスポンスコード一覧@IT

もっと詳しく知りたいなら、RFCを見て頂戴。
この中のNo.959 がFTPについて述べてある。
RFC日本語版
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://halu834.blog17.fc2.com/tb.php/62-dd54235e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Halu834

Author:Halu834
元はJava、ネットワーク(プロトコル)専門の女SE。基本設計や要件定義までやっていたけど、激務で体調崩してリタイア。
その後2年半教育機関の情報センターでサポセン&事務の嘱託職員。暇すぎて時間を持余す毎日だったので、空いた時間にこうやっていろいろ試して実験していた。
結婚を機に、旦那と一緒に住むべくやむなく退職。
現在自宅にて知人の依頼で簡単なアプリを作成しながら、小銭を稼いでいたが、2010年ほど前より派遣で活動再開。ヘルプデスク担当を経、以前の仕事内容を評価され、現在はサーバおよびネットワーク構築・運用・保守をやっている。
最近はLinux・ネットワークが面白い。コマンド操作も何気に楽しかったりする。

性格:極めて男性的w

ブログ内検索

アフィリエイト

アクセストレードレビュー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。